ワルシャワからボレスワヴィエツへ

Dzien dobry! こんにちは。
ポーランドがボレスワヴィエツより更新です。

さて、みなさんはボレスワヴィエツという都市をご存知でしょうか?実はこの都市、ボレスワヴィエツ陶器という陶器の一大生産地なのです。その陶器の姿がこちら



このような愛らしい姿のため、この都市で作られる陶器は様々な国で人気を集めているのです。ちなみにこの時期は陶器祭りと呼ばれる期間で観光客もたくさん集まります。日本の方も何人か見かけました。もし、この可愛らしい陶器に興味を持たれた方は、ポーランド組のゼミに乞うご期待願います。


ところでこの都市、首都ワルシャワからはかなり離れており中々アクセスが大変です。ワルシャワ中央駅発の列車に揺られ5時間半するとボレスワヴィエツに到着です。この列車も私たちが調べた限りではどうやら1日に1本しか出ていないようです。ちなみに私たちが乗った列車はこれ、
ワルシャワ中央駅三番ホーム 15:30発、インターンシティ
です。券売機で乗車券を買おうとするとクレジットのみの対応だったので、現金で払いたい人は窓口で買わないといけません。ただし、私たちがワルシャワ中央駅に到着すると窓口は締まっていたので、クレジットがあると安心です。私たちが乗ったのは二等車で、値段は1人あたり149ズロチ(≒¥4470)でした。

ワルシャワから6人乗りのコンパートメントでの旅、窓から見えるのは平原ばかりです。幸い私たちは6人グループだったので、他の人と一緒になることはありませんでした。暫くすると、車掌さんが乗車券の確認にやってきます。ポーランド語で何やら話しかけられますが、分からなくても乗車券を出せば問題ありません。それから少し、今度は飲み物はいかがと、車内販売の格好をした方に話しかけられました。水がが欲しいというとお代はなしでくれました。どうやらサービスのようです。有り難いですね。詳しくは分かりませんが、食べ物の方はお金がかかるのかもしれません。

そうこうして、ようやくボレスワヴィエツにつくと既に夜の9時。日本より緯度の高いポーランドでもさすがに暗くなっています。宿を取る際はきちんとチェックイン可能な時間を調べておいた方がいいでしょう。道に迷って夜10時に宿に着いたらチェックインできないということがあるかもしれません。ちなみに私達が泊まったのはジェロヌドムという小さな宿。一部屋大体230ズロチ(≒¥6900)ぐらいでした。ここはチェックインは24時間対応ということらしいので有り難いです。さらにいえば、15ズロチ(≒¥450)ぐらいでつく朝食がとても豪華なのでお薦めです。

まだまだ書く内容はたくさんあるのですが、長くなってきましたので今回は一応ここまでとして、他のメンバーに任せることとします。ポーランド組のブログに乞うご期待を。

以上いりーでした。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

大移動お疲れ様!
特に問題なさそうで何よりです( ^ω^ )
  • 2016-08-20│09:48 |
  • ふっく URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

海外農業研究会

Author:海外農業研究会
大阪府立大学 海外農業研究会
通称「海農研(かいのうけん)」によるブログです。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

海農twitter

アクセスカウンター

アーカイブ

FC2ブログランキング

下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください♪

FC2Blog Ranking

メールフォーム

QRコード

QR

検索フォーム