鷺祭準備

今日は部会後に鷺祭の準備でした。

鷺祭は11/1(金)~3(日)
(ちなみに海農研の展示はA1-122)

というわけで遂に一週間前となってしまっているわけです。

ということで多少追い込まれて急いで準備しております(笑)



でもみんな楽しくやってます。





中にはこんな絵を書いてる方もいました↓
スポンサーサイト

ツバルの思い出

ツバルではなかなかインターネットが通じなかったのでブログを更新できませんでした。
遅くなりましたが、無事に帰ってきた今、まとめて更新しようと思います。

僕たちはNPOツバルオーバービューが企画するエコツアーに参加することによってツバルでは様々なことを見たり聞いたりすることができました。

まず初日には、島の中を散策しました。
ツバルの紫外線の量は日本のおよそ17倍ということで強い日差しの中での散策でしたが、街を歩けばツバルの人たちは「タロファ」と笑顔でツバルの挨拶をしてくれたので楽しい散策になりました。

2日目には、ボートに乗ってフナファーラ島へ行きマングローブの植林を行いました。
このマングローブたちに大きく育ってほしいです。
CIMG1662.jpg

3日目には、バスに乗って首都フナフチのあるフォンガファレ島を北端から南端まで見て周りました。
北端にあるごみ集積場、JICAが行っている、有孔虫という砂を育てるプロジェクトの研究室、そして海岸浸食の影響でヤシの木が倒れている場所などを見学しました。海岸浸食が進ん
でいることを実感しました。
CIMG1735.jpg

その日の夜はツバル人であるアピネルさんの家で、家庭料理をいただきました。
ブレッドフルーツやパンダナスの実など日本ではあまり見かけないものなどをいただきました。
僕のお気に入りはマグロとココナッツミルクを和えたものです。マグロとココナッツミルクがとてもマッチしていました。
CIMG1742.jpg

4日目は日曜日でした。
ツバルではキリスト教の人が多いです。キリスト教にとって日曜日は安息日なので朝は教会に行き、昼からは家でゆっくり過ごします。
この日は僕たちも教会のミサに参加しまし、ツバルの人たちによる歌や司祭の言葉を聞きました。
歌が本当に上手で、とても感動しました。

5日目の夜には、ナヌマンガ島の人たちによる伝統舞踊(ファテレ)の儀式で厚いおもてなしを受けました。
僕たちもナヌマンガ島の人たちと一緒に踊り、ツバル文化を体感しました。
また、僕たちからも歌のプレゼントとして童謡「ふるさと」などを歌い、ナヌマンガ島の人たちも喜んでくれたのではないかと勝手に思っています。
CIMG1804.jpg


ツバルへの渡航はざっとこのような感じでした。
飛行機が1日遅れるというハプニングもありましたが、ツバルの温かい人たちに出会ったり、ツバル文化に触れることもできて充実した時間を過ごすことができました。
CIMG1796.jpg

プロフィール

海外農業研究会

Author:海外農業研究会
大阪府立大学 海外農業研究会
通称「海農研(かいのうけん)」によるブログです。

カレンダー

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

海農twitter

アクセスカウンター

アーカイブ

FC2ブログランキング

下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください♪

FC2Blog Ranking

メールフォーム

QRコード

QR

検索フォーム