ホットチョコレート

スペインから7日に帰国。
10日からチャリで1泊2日で琵琶湖一周となかなか濃厚な日々を過ごしていたので、帰国してから1週間も経っていないのに、もはや渡航が2週間ほど前のことのように感じています。


最近、スウェーデン組も更新数を地味に伸ばしてきているので「海外で見つけた日本!」というテーマに乗っかってみようかと思ったのですが、スペインではほとんど日本には触れなかった(笑)

もちろんスペインでも日本料理のレストランは度々目にしました。
寿司はもちろん、鉄板焼きなんかもありましたね。

しかし、我がスペイン組は
海外で和食はいいわー高いし。
という思考だったので全く食べず。笑

写真もジブラルタルのお土産屋にあった、海外ではよく見る違和感のある日本語くらい。



うーん。ネタがない。

ということで今回はスペインで買ってきたお土産をご紹介!

今回紹介するのはこちら!



ホットチョコレートの粉です。
地球の歩き方のお土産ページに載っていて、ココアより濃厚だそうです。

甘ーーーっいココアが好きなので、スペインっぽくないけど、迷わず購入。

ちなみにこれはカタルーニャ広場の横にあるデパートの地下のスーパーで買いましたが、おそらくその辺のスーパーでも似たようなものが売っています。


では、作ってみます。




スペイン語なので読めませんが、
ミルクをレンジでチン!
粉をスプーン3杯!
混ぜる!
粉が溶けてなかったらさらに混ぜる!

といった感じですね。



ちなみにマグカップもスペインで買ってきたやつです。



見た目はココア。
味は甘くてなかなかいけますね。
しかしココアとはちょっと違う味。
ココアより濃厚…なのか??

底に溜まってた粉の塊を食べてみると味はチョコ。
まあホットチョコレートなので当たり前ですね。


結論としては普通に美味しいけど、スペインで買い溜めしてくる程ではないって感じです。


ホットチョコレートの他にはモロッコのミントティー(左)とハチミツ入りのカモミールティー(右)も買ってみたので、また今度飲んでみることにします。




ちゃけ
スポンサーサイト

帰国前日inバルセロナ

9月5日になりました。明日ついに帰国できます!

今日は午後6時まで完全にフリーです。単独行動好きな自分は7時間くらい散歩の旅に出かけました。そんな最中に出会ったのものを紹介していきますねー

まず出歩いて10分ちょいで見つけたのがこれ
IMG_2529.jpg
暗めな背景になんだか感情の読めそうにない女の子が1人ぽつんと立っています。こういう雰囲気のノベルゲームかRPGが出たら買うかもなーって思いました。

IMG_2535.jpg
フリーマーケット的なところに行ってきました。そういうば渡航中写真はあまり撮らなかったのでフリーマーケットを説明できる写真がこれしかないです。とりあえずフリーマーケット的なところに行ってきましたよ

IMG_2543.jpg
前とは違い天気がよかったので1枚だけ撮りました。

IMG_2530.jpg
バルセロナオリンピック時に作られたやつらしいです。木が邪魔だなーと思いながらも移動して撮影しませんでした笑

スペイン総集編

Hola!

スペイン組はさっき関西国際空港に到着しました。




どうも、関空でリムジンバスの切符を買っていると
外国人にチケットの買い方を聞かれた旅責のちゃけです。

今は窓の外の夕焼けを眺めながら
さっきの外国人と並んでバスの座席に座り、
この記事を書いているという状況。

渡航直後は変に見ず知らずの日本人と隣になるより外国人の方が楽です。落ち着きます。


それにしても3週間弱なんてものは始まってしまえば一瞬ですね。
バルセロナに着いて、宿の場所がわからず軽く迷ったことが昨日のことのようです。




[スペイン総集編]の続きを読む

ピカソ美術館

最初に滞在した都市、バルセロナにリターンし、9/5は自由行動日です。ちゃけさん、Pさん、さのっちの3人で念願のピカソ美術館に行ってきました。




写真撮影が禁止されていたため、内部の写真はありませんが凄くいいところでしたね。




ピカソの作風は年代によって変移します。美術館では作品が年代ごとに展示されており、そのスタイルの移り変わりを見て取ることができました。

個人的にはピカソの意味不明期、ゲルニカとか描いてたあたりの作品が好きです。The studio at la Californie という作品が良かったですね。

彼は鳩が好きだったそうで、ひたすらに鳩ばかり描いてた時期がありました。ウーン…正直言ってゴミみたいですが…

しかし、彼が凄いのは己の感性のみに従い、それをなんの躊躇もなく具現化できるところにあるように思います。自分の世界を持ち、その世界で己と向き合う…これほどのことはなかなかできないのではないでしょうか?

今回私が美術館にて感じたことは、そこがピカソの感性で満ち溢れているということです。彼の感性に包まれながら、私は自分の存在を振り返ることができました。形はどうであれ、自分に素直になることが重要なのではないでしょうか?

私は気が向いた時に何かテーマを決めて文章を書くことがありますが、それは己の感性の表現だと改めて思います。そしてその文章は芸術作品であると断言できます。「私も己の芸術というものを己の感性のみに従って追求していきたい」と気持ちを新たにしてピカソの世界を後にしました。


おまけ

渡航最終日なのでご飯は豪華です。食材を大量購入しました。




ピカソファン 一回生のさのっちでした。

フラメンコ!

スペイン組はバルセロナにもどってきましたよ~!
そしてフラメンコを観にいきました!


受付の方が日本人だったのがびっくりです。

ショーがはじまりました



最初はダンディーなお兄さん方の演奏です。
ギターうまい!かっこいー!

とテンションがあがっていると、
ついについに、主役のお姉さんが登場です。



ダンスのキレがすごい。
表情もキマってます。
なにより席と舞台が近かったので、ド迫力でした。

30分間のショーはあっというまにおわってしまいました。
でも、本場スペインのフラメンコ、堪能できました\(^o^)/

プロフィール

海外農業研究会

Author:海外農業研究会
大阪府立大学 海外農業研究会
通称「海農研(かいのうけん)」によるブログです。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

海農twitter

アクセスカウンター

アーカイブ

FC2ブログランキング

下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください♪

FC2Blog Ranking

メールフォーム

QRコード

QR

検索フォーム