インタビューinイフガオ大学

アン ガンダガンダ モ (お美しいですね)
タガログ語でこれだけ覚えたニッシーです。

 今回は9月12,13日の出来事を報告します。
 12日はイフガオ大学で研修を行いました。まずはマリッサ教授に、イフガオ里山マイスター養成プログラムについてインタビューしました。プログラムの内容や、イフガオの子どもたちの思いを教えていただきました。教育を受けた子どもたちの目は都会へ向いてしまうようで、どうやって地元に残ってもらうか難しい問題だとおっしゃっていました。





 次にナンシー教授にNIKEについてインタビューしました。NIKEの集大成として一冊の本を共同で出版されたそうです。そしてその本が学校のカリキュラムの中で使われ、子どもたちがイフガオの文化を楽しみながら学んでいることに大変満足されていました。



 

 次にカストロ教授にNIKEについてインタビューしました。どのように支援金を使ったのか教えていただきました。またイフガオの文化は、全て米作りから生まれたとおっしゃっていました。
 続いて、イフガオの文化が展示されてあるミュージアムを案内してくださり、展示品を使って、実演で道具の使い方を教えていただきました。また、まつおくんとあっちゃんは伝統衣装を着せていただきました。あっちゃん、似合ってますね。





 次に図書館でイフガオに関する文献を集めました。学生とも少しだけ交流できました。イフガオ大学は制服着用のようです。





 これでイフガオ研修は終わりとなり、夜行バスでマニラに向かいました。2,000m程の高地にあるイフガオからの山下りは吐き気との戦いが続きました。しかし、いつの間にか眠りにつき目覚めると2時半のマニラ。バスターミナル近くのホテルで身体を休めました。

 13日は、予定していたホテルで台風の影響により電気、水道などに問題が生じ、急遽別のホテルへ。移動はフィリピン初の電車で。スリには注意していましたが、実際メンバーの目の前でスリが捕まったようです。改札前の手荷物検査も、スリは手ぶらでしょうから気軽に電車乗れますよね。





 夕食は近くのマクドナルドへ。ビッグマックは日本より大きかったです。フィリピン最後のホテルですが、フロントのサービスも良く綺麗なところです。

 渡航も残り僅かとなりメンバーともだいぶ仲良くなった分、少し寂しい感じもしますが楽しんで帰りたいです。以上、甘えっぱなしのニッシーでした。
スポンサーサイト

サンタモニカ~帰国

更新遅くなってしまい申し訳ございません。
まず始めに、アメリカ組無事全員元気に帰国できました。帰りはロサンゼルス→インチョン、インチョン→大阪共にB777でA380に乗りたかった僕はちょっとがっかりでした。アメリカに向かう時と違ってみんな疲れた顔でグッスリ眠っていました。
 話を戻して、私はアメリカ組最後の行程、サンタモニカを担当します。
サンタモニカ1日目、朝は移動、新しい宿に移りました(家主になかなか出会えず苦労したのもいい思い出)。そしてサンタモニカといえばやはり海。あの有名なビーチです。
元気あふれる数名はは海に飛び込んで行きました。
海から出てきた後はやっぱり疲れてそう。
その後近くでビーチバレーをしているのを見つけた僕は兄さんと一緒に飛び入り参加してきました。砂まみれになりながら、はしゃいで、現地の人と交流もできて楽しかったです。
 2日目はビーチの近くでショッピングしたりしました。そこで気付いたことが一つ。
そう、サンタモニカこそが、ルート66の終点なんです。アメリカのスケールの大きさを改めて感じることができました。
 今回の旅の最初の目的地コロラドからのバスで見つけたコロラド川がグランドキャニオンまで続き、グランドキャニオンまでの道にあったルート66がサンタモニカまで続く。間接的ではありますが、最初から最後まで繋がっていたような気がしました。日本と違って地域によって気候が全然異なれば、町の雰囲気も違います。1ヶ月足らずの短い旅でしたが、とても充実したものだったと思います。アメリカ人の親切さに触れることも多く、学ぶべきことがたくさんあるなぁと感じることもできました。またいつか、アメリカに戻ってきたいと思います。
以上げんこつでした。

グラナダ 6日間の旅!

Hola! 


スペイン組は現在グラナダ満喫中です!



スペイン南部のアンダルシア州グラナダは


マラガからバスで約2時間です。



6日間の長期滞在で、周辺の市街地でショッピングしたり、アル=アンダルスの街を散策しイスラム文化が残る建物や土産物店を見回ったり




本場のフラメンコショーを観に行きました!



グラナダ(アンダルシア地方)はフラメンコの発祥地でも知られ、今回は人気のある洞窟フラメンコショーを鑑賞しました


観客席とステージがとても近くて、踊り子さん達の迫力が凄かったです!フラメンコは脚で床を踏み鳴らすタップダンスのような踊りが特徴的で、フラメンコギターやカスタネットなどの生の演奏が臨場感を掻き立て、観客らは食い入るように彼女らの踊りを見ていました



途中で、グラナダからバスで約2時間の


コルドバに訪れました




観光名所のメスキータ(聖マリア大聖堂)で


記念写真📸


メスキータに入場するとすぐに、白色の石灰岩と赤レンガが縞模様に配置されたアーチ状の柱がずらりと並べられています


色使いが特徴的で、とても可愛いです❤️


この聖堂はとてつもなく巨大な建物で、イスラムのアラベスク様式の壁とキリスト教様式の内装が混ざっていて、建物の細部に至るまで巧妙なデザインで作られています






私のお気に入りは、天井に施された絵画や繊細な装飾です(写真 上2枚)  個人的には緻密で豪華なイスラムの模様が好みです




そして、


グラナダと言えばアルハンブラ宮殿!


ホテルは宮殿のすぐ側で、初日からワクワクしてたのに、宮殿の入場チケットが取れたのは   なんと滞在5日目😱


アルハンブラ宮殿については書きたいことがたくさんあるのでまた後ほど👋🏼


以上、グラナダに感化されたなみでした~!



スペイン組研修!!

こんにちは、スペイン組です!

私たちはここマラガにて研修をしてきました。

ブエルタ・ア・エスパーニャ🚴
第12ステージ


コースはこのようになっており、選手たちはスタートから海岸沿いを駆け抜け、内地に入り一気に山を駆け上がります

ホテルからタクシーで20分程度のところがコースとなっていたのでそこで観戦することに





ビーチも近く凄く綺麗なところでした!!🌴

コースの下見をしながら観客の人たちにインタビューをしました。







地元の人たちが多く、スポーツバーなんかは近所の人で溢れかえってましたね 笑

そうこうしているうちに選手たちがやってきました





とにかく凄い!
めちゃくちゃ速いし近い!!😳
(ここには載せてないですが、動画もあるので良かったらTwitter、facebook、Instagramにあげてるので見てください!)

圧倒されまくりでしたね~
観客の人たちの熱気といい選手たちの走る姿といい、やっぱり生で観るのは最高です!

個人的にお目当ての選手も近くで見れて良かったですね😍

次回の研修はグラナダでの予定です
ゼミ責のとぅにーでした!
Adiós!

アリカンテより非日常的なバカンスを

Hola! Buenas tardes
どーも、スペイン組です
みなさんいかがおすごしでしょうか?
こちらは今、アリカンテというところに来ています。








特に言うことはありません
ただただバカンスしています

宿が急遽変更になりアップグレードされたため、徒歩30秒でビーチ、中庭にプールという素晴らしいコンディションのもと生活しています


ビーチで遊んだり、

プールで遊んだり、

ビーチで飛行機を撮影したり、

プールで遊んだり、

リビングで次の都市の計画を練ったり

自炊したり、

ビーチでゴロゴロしたり

まあこんなゆっくりとした日常もいいものです。バルセロナでの怒涛の3日間の疲れを癒します

日本人大学生にしては非日常的に日々を過ごしています

次の都市はマラガです
研修していきます
とぅにーでした
Adiós!

プロフィール

海外農業研究会

Author:海外農業研究会
大阪府立大学 海外農業研究会
通称「海農研(かいのうけん)」によるブログです。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

海農twitter

アクセスカウンター

アーカイブ

FC2ブログランキング

下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください♪

FC2Blog Ranking

メールフォーム

QRコード

QR

検索フォーム